Just another WordPress site

menu

美しさを維持する道標

時別なものでなくても良い?

20150819

洗う、というと、どうしても「しっかり」洗わなくては、という意識があるので、洗浄力が強いものの方がいいのではないか、と思ってしまいがちです。

しかし、洗浄力が強いものは、汚れをしっかり落とせる分、肌への負担も大きいので、それほど強いものでない方が、かえって良いようです。

先日、書店で「手ぬぐい洗顔」なる洗顔方法を紹介する本を見かけました。

その本で紹介していた洗顔は、ちょっと衝撃的でした。

メイクを落とすのに、ふつうに浴用石鹸で大丈夫、というのです。

石鹸を「手で泡立てる」「泡立てネットで泡立てる」「本で紹介している、目の細かくて柔らかい手ぬぐいを使って泡立てる」というそれぞれの方法で、どれだけ落ち方が違うのか、という比較をしていたのですが、「手ぬぐいを使って泡立てる」方法だと、メイク落としを使わなくても、きちんとメイクまで落とせる、と写真付きで紹介されていたのです。

スポンサードリンク

本で使われていたのは、本当に普通の浴用石鹸でした。

今まで、お風呂の石鹸だけだとメイクはきちんと落とせない、と思っていたけれど、きちんと正しい洗顔方法を習得すれば、メイク落とし用の専用洗顔フォームはは必要ないのか!

と、ちょっとした衝撃を受けました。

お風呂場にずらりと並ぶ、洗顔フォーム、メイク落としのチューブや、シャンプー、コンディショナーのボトル達。

できれば少なくしてすっきりさせたいものです。

まず、洗顔に使うものを浴用石鹸一本化すれば、かなりお風呂場もすっきりするはず。

本を買って実践してみようかな、と思っているのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2024年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031