Just another WordPress site

menu

美しさを維持する道標

シーンによって日焼け止めを使い分ける

20150611

日焼け対策に役立つのが日焼け止めですが、選び方によっては日焼け止めで肌が黒っぽくなってしまうことがあります。

日焼け止めにはアルコール、パラベン、拡散剤など肌に負担をかける成分が使用されています。

紫外線カット効果が高い日焼け止めほど、肌に刺激を与える成分の配合量が多いです。

こういった日焼け止めは1日中肌につけていると、刺激で炎症を起こしてメラニンの生成が促されてくすみなどのトラブルになります。

日焼け止めの影響を防ぐためには、選び方が重要です。

日常遣いならSPF10程度で充分に日焼け対策ができます。

日常的に紫外線カット効果が高い日焼け止めを使用していると肌の負担になるので、普段使うならSPFの値が低いものがおすすめです。

スポンサードリンク

値が低くてもこまめに塗り直せば高い日焼け防止効果を発揮します。

洗濯ものを干したり近所に買い物に行くなどわずかな時間でも日焼け止めを使用します。

わずかな時間でも長年紫外線の影響を受けていると、歳をとってからシミとして現れます。

ウォーキングなどのスポーツをするときは、SPF20~30程度を使用します。

汗をかいたらこまめに塗り直しをしましょう。

海でのレジャーや汗を大量にかくスポーツをする場合は、SPF40程度、PA++++くらいを使用します。

濡れても落ちにくいウォータープルーフを使うとよいでしょう。

ウォータープルーフでもこまめに塗り直しをしてください。

使うシーンによって使い分ければ、肌への悪影響を少なくできます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年1月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031