Just another WordPress site

menu

美しさを維持する道標

サロンやクリニックでのVIO脱毛とは

20150622

VIOラインは非常にデリケートな部位なので自己処理は危険です。

Vラインは自己処理できますが、慎重に行う必要があります。

Iラインは陰部に近いため特に注意が必要です。

雑菌が入り込み炎症を起こす可能性があります。

Oラインは見えにくく手が届きにくいので傷つける恐れがあります。

そのため、VIOラインの脱毛をするなら、脱毛サロンやクリニックで行うのがおすすめです。

光脱毛やレーザー脱毛を受けられます。

どちらの場合もまずはデザインを決めます。

どのあたりまで処理するのか、どの程度処理するのか慎重に決めましょう。

光脱毛は永久脱毛ではありませんが、レーザー脱毛は永久脱毛と同じくらいの効果があります。

スポンサードリンク

一生生えてこなくてもよいと今は思っていても、今後温泉に入ったときにツルツルで恥ずかしいという思いをするかもしれません。

こういったことを考えて脱毛を受けてください。

カウンセリングが丁寧なサロンやクリニックを選ぶのがおすすめです。

デリケートな部位は痛みを強く感じます。

光脱毛とレーザー脱毛を比べると、出力が高く高価が高いレーザー脱毛の方が痛みが強くなります。

痛みが気になる方は医師と相談してください。

最近は痛みを抑えたレーザー脱毛を行っているクリニックもあります。

光脱毛の場合は、サロンによってはほぼ無痛で脱毛ができます。

SSC脱毛やマシンが肌に触れる面が冷たくなって冷やしながら脱毛できる方法だと比較的痛みが少ないです。

デリケートな部位なのでアフターケアがしっかりしているかも確認しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829